忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





スポンサードリンク


[PR] |
いざ留学準備~留学保険!
これに関してはもう、何と言っていいか・・・

一応、インターネットで調べてみたんですよ。
こういうのがあるから↓

留学保険・ワーホリ保険比較
http://www.i-hoken.jp/travel/study/?gclid=CJbQzr3z5qYCFUxtpAodJQLH4w

実はくりぼうが持っているクレジットカードに、海外旅行保険が付帯されているので、万が一何かあってもそれを使うこともできますが。
知人が「それだけだとお金が少ししか貰えないかもしれないから、もう一つ入っておいたほうがいいよ」と言われて、調べてみました。

最近はネットで契約できるのが大変便利なのですが。
くりぼうが引っかかったのは、オンラインで契約する時に答えなければならない質問の一つ↓

現在ケガや病気で医師の治療を受けているなど、健康上の異常がありますか?

くりぼうはこれに、引っかかってしまうのです・・・

Il|li_| ̄|●il|li

実は以前慢性疾患(といっても大した病気じゃありません)をわずらったことがあり、現在1年に1回の定期受診をしています。
すでにこの病気で2回も入院(といっても数日)してるし、再発しないとも限らないし・・・
でも薬は全く飲んでないし!
毎日元気に動いてるし!
普通に仕事してるし!
食生活もめっちゃ気をつけてるし!

・・・なんて言っても、通用しないんだろうなー。
別に今回だけいいじゃん、という悪魔のささやきもありますが。
こういうのは一旦調べられたらすべておしまいなのです。
一度嘘つくと、次の保険契約の時に不利になる可能性があります。
嘘はいけません。
真実はいつも一つ!
(なんか違う)

といっても。
病院に通っていたら絶対に保険に加入できない、というわけではないようです。
まず保険会社に電話して、ちゃんと事情を説明すること。
多分医師の診断書の提出を求められるでしょう。
(ちなみに発行は1通大体3150円くらい。あくまでも目安)
「この人は病院に定期的に通っているけど、たいしたことないし、ちゃんと管理してるから大丈夫だよ」みたいな内容の診断書(あくまでも例)を書いてもらって提出すると、保険会社が検討してくれる場合もあると聞いたことがあります。
一番いいのは「この人完治してるよ」という診断書です。
でも医師も嘘は書けませんからね。

今回は留学期間が1ヶ月でトータル滞在期間が1ヵ月半ですから。
仕方なく、クレジットカードの付帯の保険だけで行くことにします。
PR




スポンサードリンク


いざ留学準備~留学保険! | TrackBack(0) | 留学準備~留学保険

トラックバック

トラックバックURL:

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産