忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



スポンサードリンク


[PR] |
留学中~スンドゥブチゲ!
地震の被害情報をネットやテレビで聞く度、胸が痛みます。
授業中、先生も「みんな元気ないよ~」と寂しそう。
先生も、日本人生徒たちの家族をとても心配してくれています。
「無事を祈ってるわね」と気遣ってくれます。
ありがたいことです。
くりぼうも知人・友人に連絡が取れ、なんとか無事とのことで、少し安心しました。

それでも留学生活は続きます。
気持ちを前向きに持って、できる限りのことをしたいです。

今日は、ひたすら外食となっているランチのご紹介。
いつもは地下鉄で登下校しているのですが、歩いて行くこともできます。
今日は歩きたい気分だったので、地下鉄の階段を下りず、横断歩道を渡って学校方面へ歩きました。
学校までは非常に簡単。
大きな通り(片道3車線)をひたすら歩いていけば、学校へ行く曲がり角が見えてきます。
学校の近所に大学があるので、朝の登校時間は若い男女であふれます。
その合間を縫って、学校に向かいます。

その同じ道を、帰りも歩くのですが。
こっち側とあっち側で、並んでいる店が違います。
非常に面白いです。
よく見ていると、まるで隠れ家のようなキムパプ屋や居酒屋、めちゃめちゃ小さいコンビニ、外の階段にまで商品が溢れているスーパーマーケット、おいしそうな匂いが漂う歩行者用通路の露天(屋台)、おせんべい屋、家具屋、化粧品屋、洋服店、病院、そして携帯ショップとカフェ。
学校周辺には、携帯ショップとカフェショップがめちゃくちゃたくさんあります。
ありすぎというくらいあります。
カフェで買ったコーヒーを片手に、てくてく歩いている若者もたくさんいます。
先日その帰り道にとあるキムパプ屋でキムパプを買い、そのまま歩いて帰ったのですが、途中でとってもかわいい食堂を見つけました。
明日はここで食べるぞ!と決めて、いざ翌日。
お客さんが非常に少なかったのでちょっと心配になりましたが、勇気を出して中へ。
(結局貸し切りになった)
店の中のメニューの中に、キムチチゲがあればそれを無条件で注文したのですが、結局なかったので、テーブルを片付けていたアジュンマにスンドゥブ(純豆腐)チゲを注文しました。
スンドゥブ(純豆腐)チゲは海産物のダシで作った豆腐の入った煮込み鍋。
日本でも食べましたが、ぜひ本場で食べなければ。
韓国では定番の、おいしそうなパンチャン(おかず)がでてきました↓


左からトッポッキ、ハムを溶き卵ときざみねぎに絡めて焼いたもの、おでん、チョンガッキムチ。
トッポッキはサービスでした。

パンチャンをつまみながら待っていると、来ました!


ぐつぐついいまくりです!
熱いです!
そして辛そうです!
いざ、いただきます!

……

………

,,,,,((((;゚□゚)

辛い!!


当然でした。
恐怖の青唐辛子ががっつり入ってる!
しかもパンチャンもハム以外全部辛い!

でもとてもおいしかった。
チゲの中には豆腐のほかにあさり、いか、えび、たまねぎ、白菜、ねぎが入っており、しっかりお腹いっぱいになりました。
最後にはあまりの辛さに、残った汁の中にご飯を投入。
おじやのようにして食べました。
でもこれがまた、絶品なのです。

あまりの辛さに「水ください」というと、アジュンマが持ってきてくれました。
(あまりに辛いと、なぜか鼻水と咳が出ます)
たどたどしい韓国語と、韓国人にはない独特の顔つきのせいで(くりぼうは韓国人に間違えられたことがほとんどありません)、「日本から来たの?」と聞かれました。
「そうです」と答えると、「今地震で大変じゃないの! 家族は大丈夫なの?」と聞かれ、大丈夫ですと答えると「よかったね」とのこと。
韓国の有名俳優たちが日本への寄付をしていることや、すでに韓国からの救援隊が日本に行っていることをニュースで見ていたので、
「韓国の方々がたくさん助けてくれるので、感謝しています」
というと、
「私たちは何もできないわよ~」
と困ったような笑顔を見せてくれました。
韓国の方々も、とても心配してくれているようです。
その気遣いに感謝。

帰り際「またおいで」と言ってくれました。
アジュンマの笑顔が、嬉しかったです。
絶対行きますよ。
PR


スポンサードリンク


留学中~スンドゥブチゲ! | TrackBack(0) | 留学中~スンドゥブチゲ

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産