忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



スポンサードリンク


[PR] |
留学後~釜山から光州へ高速バスで移動
ソウルから釜山まではKTX(韓国高速鉄道)で移動しましたが。
釜山から光州までは高速バスで移動しました。
鉄道という手段もあるらしいのですが、バスも安く行けるということで、今回はバスでの移動にチャレンジ。

釜山の老圃(ノポ)というところに釜山総合バスターミナルがあります。
地下鉄の老圃駅と繋がっているので、とても便利です。
連絡通路を行くと、直接バスのチケット売り場に行くことができます↓


総合案内所には、日本語が分かる女性がいました。
切符の買い方などを教えてくれます。
電光表示板に、行き先と値段が書いてあります↓


上が出発時間、下が料金ですが、バスには優等と一般高速と2種類あって、優等のほうが高いですが、座席がゆったりとしています。
今回は光州まで約3時間とのことで、優等を選びました。
値段は23700ウォン(約1900円)。
安い。

行き先によってバス乗り場に番号がついており、分かりやすくなっています。
バス乗り場にはこんな感じでバスが並んでいます↓


待合室にはお店がいっぱい↓


あんまり写っていませんが、向かって左側にコンビニやおでんなどを売っているお店があり、いい匂いが漂っていました。
もちろんトイレもあります。

光州行きのバスはすでに入っていたのですが、運転手がおらず勝手に乗っていいものか迷った上、大きなトランクを勝手にバスのトランク入れにいれちゃってもいいものかと悩みました。
結局自分で勝手に積み込み、指定されている席に座っていると女性職員が乗車券の確認に来ました。
ついでに運転手も乗ってきたので、大きい荷物がトランクに入っていることを告げると、了解してくれました。
勝手に積んでも良いらしいです。
バスの中はこんな感じ↓


車内は3列で、かなりゆとりがあります。
優等で正解でした。
車内ではテレビが設置されており、ずっとニュースが流されていました。
電波の都合で、音声が途中でブツブツと切れますが。
各座席にイヤホンソケットもあるので、自分のイヤホンを使えばもっとよく音が聞こえます。

指定時間にバスは出発。
田舎を走り抜けます↓








光州が近づいてきました↓




人口140万の都会です。
地震が来たら大丈夫だろうかと思えるようなアパート(日本では明らかにマンションですが、韓国ではアパートと言います)が林立しています↓


光州の高速バスターミナルは「U-square」(ユースクエア)といいます↓


内部の写真がないのですが、とてもきれいで広くて明るいバスターミナルです。
カフェやファーストフードなどのお店もたくさんありました。
知人にここまで迎えに来てもらって、その後知人の家へ向かいました。
とても暖かく、桜がほぼ満開でした。
光州での生活については、いずれ記事にしたいと思います。
PR


スポンサードリンク


留学後~釜山から光州へ高速バスで移動 | TrackBack(0) | 留学後~釜山から光州へ

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産