忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



スポンサードリンク


[PR] |
留学中~下宿の食事
今回は下宿での食事のご紹介。
(てか食べ物のことばっかりやな)
こちらの記事(http://kankokuryugaku.kurofuku.com/Entry/31/)でご紹介しているように、くりぼうは現在モーテルで寝泊りしています。
この時期留学生・学生が下宿に集中しているための、緊急措置です。
でもこれが逆に好転となり。
現在いつでも入れるお風呂にたっぷりお湯を入れて(栓は荷造り用のテープでふさいでます)、日本のお風呂のようにしっかりお湯に浸かっています。
これは下宿では絶対にできません。
若干の値上げも、これでチャラにできますワ。

寝泊りはモーテルですが。
朝食と夕食は、下宿所です。
そこでは洗濯機も借りています。
タイミングがいいと、すぐに洗濯機が使えます。

さて、下宿には住み込みでご飯を作ってくれるアジュンマがいます。
気のいいおばちゃんで、いつも台所をきれいにしています。
先日も洗濯機が使えなくておろおろしていたら「洗濯機の前に置いておけば、あたしが後で洗濯かけておいてやるよ~」なんて言ってくれて、とても親切にしてくれます。

そんなアジュンマが、毎日毎日パンチャン(おかず)を作ってくれます。
とある日の夕食はこちら↓


炊飯器の中には汁物が入っています。
日によってわかめたっぷりの汁だったり、海産物が入った汁だったり、韓国独特の味噌テンジャンを使った味噌汁(辛くなってる)だったりします。
自分でお皿を取って、食べたいパンチャンを好きな量だけ取って食べる、いわばバイキング形式です。
先日はチヂミも出て、めっちゃおいしかった。
すぐ近くに炊飯器もあり、ご飯も自分でよそいます。
水とお湯もあるので、飲みたい人は自由に飲めます。

基本的に、平日と土曜日の朝と夕食は毎日用意されます。
ただし土曜日はちょっと簡単な朝ごはん↓


パンは食べたい分を自分でトースターで焼きます。
あと卵焼きとかゆでたまごが添えられます。
これでも大変ありがたいです。
日曜日の朝食はなくて、日曜日の夕食は用意される日が決まっています。
そのためくりぼうは金曜日か土曜日の夜に、近所のスーパーで野菜や朝ご飯になりそうなパンやキムパプなどを買っておき、日曜日の朝はモーテルで食べています。
(モーテルには各部屋に冷蔵庫があり、ミネラルウォーターが自由に飲めます)

というわけで、昼(ランチ)はどうしても外食になるわけです。
少しずつ近所に慣れてきたので、気になった食堂に入ってはいろんな韓国料理を食べ比べたりしています。
キムパプがおいしい店は、やはり有名なチェーン店のキムパプ天国かなぁ。
コンビニには急を要する時しか買いに行きません。高いから。
スーパーは若干安い気がします。
しかしここ最近物価が急上昇中らしく、物によっては日本のほうが安かったりします。
日本円に換算しないほうがいい時としたほうがいい時があるので、なかなか頭を使います。

ご飯が用意されるのはありがたいことです。
日本に帰ったら、一人で作って一人で食べて、一人で片付ける……

作ってもらえるって、ありがたいです。
PR


スポンサードリンク


留学中~下宿の食事 | TrackBack(0) | 留学中~下宿先
留学中~下宿について
3月のこの時期、韓国の下宿は留学生やら学生やらであふれます。
覚悟していたので、ずいぶん早めに学校に下宿の手配を依頼しました。
既に記事になっているとおり、学校に再確認のメールを送って、学校も下宿も確保できていることを確かめたのですが。

日本から韓国に到着したその日。
まず両替し、T-moneyを買える場所を教えてもらおうと空港内のインフォメーションに行くと、日本語ができる受付嬢が、
「今海外から来た人のために、特別に差し上げてイマス」
と、タダで1枚くれた!
(実際には3000ウォンくらいかかります)
すぐにチャージして、公衆電話で下宿の管理人に電話。
すると自分の息子がバス停で待ってるから、彼と一緒に来てくれとのこと。
急いで空港リムジンバスに乗り、指定されたバス停で降りると、一人の日本人女性が声をかけてきて、くりぼうを迎えに来たと言ってくれました。
息子かと思っていましたが、日本人だったのでちょっと安心。
そのまま下宿まで案内してもらい、ちょうど夕食の時間だったので下宿で夕食をとり、その後帰ってきた管理人とやっと出会いました。
すると管理人のアジュンマ(おばさん)は、実はこの下宿は既に満杯で入れないので、歩いてすぐのモーテルを紹介したいとのこと。
そこは各部屋バス・トイレつきで、朝食・夕食は下宿でとり、洗濯も下宿でできるとのこと。
ちょっと料金が上乗せされるが、それでもいいか?と聞いてきました。
下宿だとバス・トイレは共同なので、ちょっと割高だけど仕方がないかとその場で承諾。
すぐに連れて行かれたモーテルは、下宿から歩いて20秒の所で、気のいい優しそうなお兄さんがトランクを持って部屋まで案内してくれました。
それがこちら↓



ベッドはどう考えてもセミダブル。
もちろんオンドル(床暖房)で、ベッドにはホットカーペットが常備。
奥から撮るとこんな感じ↓



テレビも冷蔵庫もついてる!
(モーテルだからね)
バス・トイレはこんな感じ↓
(トイレ写ってないけど、ちゃんとついてます)



広さは2畳半ほどで、バスタブがついてますが、栓がないのでお湯は溜められません。
買って来ちゃおっかな。
写真にはよく写っていませんが、実際にはちょっと汚れていたりタイルが割れていたり水垢がこびりついていたりと、それなりの浴室です。
でも共同よりは助かる。
シャワーもあるし、お湯もすぐに出るし。
いつでも使えるというのは非常にありがたい。
これで1ヶ月650,000ウォン(約48,000円)。
朝・夕食付き、毎週1回掃除をしてくれるのなら、十分ではないでしょうか。
くりぼう的にはかなり満足でした。
下宿の管理人は、お詫びのしるしにと翌日、お昼ご飯にサムゲタンをご馳走してくれました。
いい人だ。

実は後日、下宿を見せてもらったのですが・・・
モーテルで大正解でした。
狭いし音は響くし(モーテルはそれほど気になりません)ホットカーペットはないし。
モーテルは紐をつるす場所がしっかりあるので洗濯物はなんとかなりそうですが、下宿はそれがかなり難しい。
予算を余分に持ってきておいて、正解でした。

さ、学校生活が始まります。
どうなるのでしょうか!?

スポンサードリンク


留学中~下宿について | TrackBack(0) | 留学中~下宿先

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産