忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



スポンサードリンク


[PR] |
留学中~韓国の物価
くりぼうが2年前に旅行で来た時。
かなり円高になっており、1万円が14万ウォン以上になるというとんでもない時期でした。
しかし当時くりぼうは韓国での買い物に大失敗し。
百貨店の免税店で大幅に金銭感覚を狂わされ。
旅行終盤には、財布の中身がすっからかんという状態になってしまいました。
今回はその失敗を生かし、頭の中での円換算は禁止!と決め、いざ買い物に出かけました。

韓国で「これは絶対買うぞ!」と決めていたものが2つあります。
1つはメガネ
2年前に来た時も、そのあまりの安さに一つ買い(カード利用可)、そのままずーーーっとそのメガネを使い続けていましたが。
今回メガネのための小遣いもちゃんととっておいたので、2年前に行ったのと同じお店に行ってきました。
店員さんは2年前と同じ店員さんでしたが、なんとくりぼうの顔を覚えてくれていました。
韓国の眼鏡屋さんは日本と違い、とにかくフレームがぎゅうぎゅうにガラスケースに入っています。
高級なものはそれなりに丁寧に並べられていますが、ブランド物ではないものや安いものは、とにかく端から端までぎゅうぎゅう詰めに並んでいます。
(写真がなくてすみません)
そのぎゅうぎゅう詰めの中から気に入ったものがあったので出してもらい、それに決めて視力検査をし、さて値段を教えてもらうと。

2年前の倍以上!!

ぶったまげました。
もしかして高いものを選んでしまったのか?と思ったが、どう見ても2年前に買ったものよりも安く見えます。
ちなみに2年前はノーフレームのメガネが4万ウォン(当時で約2300円)。
今回はなんと9万5千ウォン(約7000円)!
買ったメガネはこちら↓



ノンフレームではないので、2年前のものよりは安いはずなのに。
(ノンフレームはレンズの取り付けに手間がかかるので高い)
もしかしてフレームがブランド物だったのだろうか。
後になって、店員さんに聞けばよかったと思いましたが、その値段にあっけにとられて聞くことすら忘れていました。
まあ結局買ってしまったのですが(そして今も装着中)、日本でも現在1万2千円くらいで買えると思うと、飛行機代込みで考えてもほとんど変わらない値段です。
ただ本当はもっと安いフレームもあるはずなので、たまたまくりぼうが選んでしまったフレームが高かっただけという可能性もあります。
いずれにせよ、韓国の物価はここ数年で急上昇しているようです。

そしてもう一つ買うと決めていたのは、スプリングコート。
くりぼうが韓国に来た時期が、冬のコートも必要だけど春のコートも必要という微妙な時期だったので、やむをえず買いに行くことになりました。
日本から持って行けばいーじゃんと言われそうですが、実はひどく汚してしまい、泣く泣く処分したという事情がありまして。
ソウルには東大門市場という、洋服が非常に安く買える市場があります。
そこは大きなショッピングビルがたくさん並んでて、中に入ると小さな洋服屋がすし詰めになって服を売っています。
売っている服はほとんど変わらないのですが、よく見るとそれぞれ微妙に違っていたりして、なかなか興味深いです。
コート屋さんもいくつかありましたが、韓国のコートはなかなかおしゃれです。
悩んだ挙句、買ったのは下の2着↓



本当はベージュだけにするつもりが、なんと紺も一緒に買ってしまったという……
紺は明らかに衝動買いです。
一目で気に入ってしまいました。
サイズはたくさん揃っているので、次から次へと試着させてくれます。
ベージュのコートは肩の部分に小さなマントみたいなのがついています(取り外し可能)。
まだ寒い時期でも十分着られます。
お値段は紺が8万2千ウォン、ベージュが8万8千ウォン、合計17万ウォンですが、現金払い&2着買うということで、なんと14万4千5百ウォンまで値下げされました。
(この時は別に値下げしろとか頼んでません)
最後に500ウォンを値切り、結局14万4千ウォンでお買い上げ。
円にすると約1万1千円。
日本では1着がこの値段ですね。
そう思うと、安いほうだと思いました。
帰る時に店員さんが「예쁘게 입으세요」と言ってくれました(多分決まり文句)。
直訳すると「きれいに着てください」。
後日それぞれのコートを着る機会があったので、着て出かけたところ、両方とも地元の韓国人に褒めていただきました。
日本でも大事に着ようと思います。

地元の韓国人によると、ここ数年で韓国も急激に物価が上昇してきたそうです。
日本はもともと最初から物価が高く、徐々に上昇するけど、韓国は急に上昇するから困る、というのが彼らの話。
今後もこのまま上がっていくのでしょうか。

最後に。
東大門市場の大きなファッションビルの前に、大きな横断幕があって。
漢字とひらがなで「がんばれ日本!」と書かれてありました。
2011年3月現在、ソウルの観光地ではこのような横断幕や看板、ポスター、小さな張り紙をよく見かけます。
韓国の方々の人情の厚さと、地震が及ぼす影響の大きさを、肌で感じています。
PR


スポンサードリンク


留学中~韓国の物価 | TrackBack(0) | 留学中~韓国の物価

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産