忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





スポンサードリンク


[PR] |
いざ留学準備~健康管理と持参薬!
ここから怒涛の勢いで準備をすすめます。
でないと間に合いません!
慌てていろいろな忘れ物をするよりも、とにかく一つ一つ丁寧に片付けて行き、現地で「やってもーた!」ということにならないためにも。

とりあえず今までの復習。
留学の詳細は以下の状態にほぼ決定しました↓


留学する国:韓国
留学する期間:1ヶ月
留学する時期:2011年3月
留学する学校:カナダ韓国語学院
留学後:1ヶ月さらに放浪する(笑)


健康管理は大切です。
今回は留学ですが、なんと留学後さらに1ヶ月、時間を取ることができました。
つまり留学後、1ヶ月の間、韓国を好き勝手に旅行できる時間が取れたのです。
嬉しいことです。

このチャンスを有効に行かすためにも、健康管理は大切です。
留学中はともかく、旅行中の病気や怪我は絶対に嫌です。
くりぼうの体のどこが弱いかをよく認識し、自覚しておかないと、無茶して辛い思いをし、しかも周囲にも迷惑をかけることになってしまいます。
留学保険はとりあえずクレジットカード付帯の保険があるとしても、出来れば使わずに(つまり病院には行かずに)済ませたいものです。

くりぼうの心配は、胃腸と腎臓と生理痛(苦笑)です。
となると気をつけるべきは↓

冷え性→胃腸を壊す
刺激物の過剰摂取→胃腸を壊す
お酒→腎臓に悪影響
水分摂取不足、汗のかきすぎ→同じく腎臓に悪影響

あくまでもくりぼうの体質に合わせて考えた結果ですが。
となると、お酒はできるだけ断らなくてはなりません。
韓国の方は飲むのがお好きだと聞いていますから…
(もちろん飲まない方もおられます)

それから韓国にはチムジルバン(찜질방)という、日本でいうサウナというか健康ランドみたいなところがありますが。
くりぼうが行く季節はまだ寒いので、一緒に行こうと言われても行けない理由をきちんと説明しなければなりませんね。
(汗のかきすぎはくりぼうは禁止なのです)

てことで、日本から薬を持っていったほうがよさそうですね。
薬はできれば日本から持って行くべきだと教えられたので、何が必要か考えてみるに↓

下痢止め
整腸剤(胃腸薬ってとこか?)
解熱鎮痛剤(生理痛対策)

この三つは絶対に持っていったほうがよさそうです。
きちんと入手して、持っていくことにしましょう。







PR




スポンサードリンク


いざ留学準備~健康管理と持参薬! | TrackBack(0) | 留学準備~健康管理

トラックバック

トラックバックURL:

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産