忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





スポンサードリンク


[PR] |
留学中~留学期間終了!
1ヶ月の授業が、終了しました。
あっという間でした。
毎日授業があったわけではなく、しかも午前中だけなので、なおさら時間が早かったような気がします。
毎日宿題、復習、予習に明け暮れ、週末にも知人と会ったり観光したり買い物したりと、充実しすぎる日々を過ごしました。
一緒のクラスの女子大生も「もう終わってしまう~」と寂しがっていましたが、彼女はまだ1年近く韓国にいるらしいので、うらやましい限りです。
クラスは3級(中級)クラスで、メンバーは全部で5人、国籍はアメリカ人と日本人(在日韓国人含む)でした。
先生はいつも明るく元気で、どんどん授業を進め、宿題もたくさん出してくれました。
ただ当然のことながら、いまいち理解できない文法について質問しても、答えが全部韓国語で返ってくるので、やはり理解できないままのものもありました。
そういう時はやむを得ず辞書とテキストの例文に頼るのですが、例文には日本語訳が一切書いてないので、どういったニュアンスで受け取ればいいのか、分からないことも多々ありました。

韓国語の意味をよく理解するために、先生に勧められた方法は「たくさん例文を作ってみること」でした。
とにかくたくさん例文をつくり、読み、間違っていたら直してもらうという方法が、より理解を深めるんだそうです。
確かに「この文章はこれこれこういう時に使います」というだけでは何のことやらさっぱりですが、「例えばこんな感じ」と例を示されれば、「なるほどそういう時に使うのね」となります。
例が多ければ多いほど、ニュアンスを掴みやすくなります。
語学教師は想像力がないと大変だなぁと思いました。

くりぼう的に振り返ると、最初の2週間は正直ずっと凹んでいました。
先生の話が半分くらいしか分からなくて、かろうじて聞き取れた単語を辞書で調べていると、その間にすぐに次へと進んでしまうので、中途半端な状態で授業についていくしかない状態でした。
もちろんその場で質問できるのですが、当然ながら先生の答えも全部韓国語なので、それを聞き取れないともっと分からなくなるという悪循環でした。
予習が必須に気づいたのは、授業2日目でした。
1日3時間の授業のうち、1時間は前の日の復習だったので、まず復習をし、宿題をし、そして予習をしておかないと、とてもついていけませんでした。

2週間たって頭の中がかなり疲労していた週末、さすがにちょっと休みたいと思い、我慢していた「日本語禁止」を自ら断ち、その日は朝から晩までひたすら日本語のドラマや映画を見ていました。
(ネットでね)
久しぶりに日本語を聞いて、脳が日本語に戻っちゃったかなと思っていましたが、なんとこれが意外な効果を発揮。

次の日から突然、先生の話がほとんど聞き取れるようになりました。
聞き取れるようになったら、当然授業が面白くなります。
質問しても、先生の答えが分かるようになれば、もっと質問したくなります。
その頃には、残り1週間を切っていました。

老いを、感じました………

20代だったら、もっと早く耳が慣れていたはずなのに!
でも悔やんでいても仕方ありません。
残りの1週間、がむしゃらに勉強し、積極的に周囲に話しかけるようになりました。
先生の話が聞き取れるようになったと同時に、周囲の韓国人の韓国語も、徐々に聞き取れるようになりました。
もちろん難しい単語や初めて聞く単語もたくさんあるので、100%理解することは出来ませんが、それでも7割ほどは理解できるようになりました。

試験は聞き取り、書き取り、先生との面接の3種類でした。
先生との面接は、個室で先生の質問に答えるというものでした。
先生は緊張させないように雑談を交えながら、この1ヶ月で学んだことを復習する質問をし、こちらは必死で思い出しながら答えるという状態でした。
最後に、くりぼうが今後努力したほうがいいことをまとめて教えてくれました。
やはり発音が問題でした。
それから基礎が独学なので、やはり基礎も改めて勉強したほうが良さそうです。
結局学校の教科書を、初級から上級まで全部買い揃えました。
(日本で買うと高いのでね)

最後に修了証をくれました。
本当は2ヶ月で正式に終了ですが、1ヶ月のうち前半を修了したという修了証をくれました。
時間とお金があれば、あと1ヶ月勉強するのに……
でもこれ以上休めません。
先生に「すぐに日本に帰るの?」と聞かれたので、まだあと1ヶ月残って知人の家を転々とすると答えた所、うらやましがられると同時に、とても良い事だと言ってくれました。

さあ、留学後の1ヶ月が勝負です。
勉強したことを一つでも活かせれば、学校に行った甲斐があるというものです。

留学期間が終わった後も、帰国するまでレポートは続きます。
PR




スポンサードリンク


留学中~留学期間終了! | TrackBack(0) | 留学中~学校

トラックバック

トラックバックURL:

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産