忍者ブログ
スポンサードリンク



[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





スポンサードリンク


[PR] |
留学中~カナダ韓国語学院の学生になる
レベルテストは午前10時から。
地下鉄を降りて徒歩で学校に着くと、同じようにレベルテストを受ける人たちが大体12人くらいいました。
ひとつの部屋に集められて、初心者と少し分かる人と、別々のテスト用紙を配られ、解いている間に一人ずつ面接で呼ばれていきます。
割りと早く呼ばれたので面接に行ってみると、割りとゆっくりした韓国語で丁寧に質問され、自分が知っている限りの韓国語を並べて必死で答えました。
その後再び筆記問題に戻り、適当な時間で答案用紙を事務所に戻すと、その場で少し待たされてその後自分のクラスを教えてもらいます。
くりぼうは中級クラスの前期。
面接の時やはり聞き取りが難しいようですね、と先生に言われましたが、こればっかりは経験を積むしかありません。
もらったテキストは写真のとおり↓



モーテルにはデスクがないので、トランクの上で勉強しています。
多分モーテルの人に言えば何とかしてくれるのでしょうが、とりあえず今はなんとかこれでやりすごしています。
電子辞書は必携です。

勉強の速度は、正直ついていくのに大変。
先生が何を言っているかは大体分かるのですが、ノートを取りたいのに次から次へと進んでいくので、後でしっかり復習しないと大変です。
もちろん宿題もでます。
ワークブックを数ページですが、それでも中身が濃いので、結構時間がかかります。
授業は午前10時から1時前までですが、あっという間に終わります。
授業の合間の少しの休憩時間が、ノートをまとめる大事な時間です。
授業中聞きたいことがあったら、その場で質問できます。
テキストと直接関係なくても、答えてくれます。
授業中電子辞書を使っても何も言われません。
生徒の勉強の仕方を尊重してくれているようです。

くりぼうのクラスは、くりぼうを含めて5人。
ちょうどいい人数ですね。
アメリカ人もいるので、なかなか面白いです。
(しかも結構うまいし)

このペースだと、留学の1ヶ月はあっという間に終わりそうです。
本当はもっと韓国人たちと話したりしたいのですが、残念ながら周囲は日本人が非常に多い。
何とかして韓国人の知り合いを見つけなければなりません。
でも焦らず慌てずマイペースに、周囲と比べたりしないで、自分らしくできればいいなぁと思います。

頑張るぞ!
파이팅!!
PR




スポンサードリンク


留学中~カナダ韓国語学院の学生になる | TrackBack(0) | 留学中~学校

トラックバック

トラックバックURL:

| 韓国語学留学体験記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]
顧客資産